EMWでECOな年末大掃除しませんか?

ホコリを制する者が汚れを制する

そもそもホコリって?

ホコリとは、布団やカーテン・じゅうたんなどの綿ボコリ、ペットの抜け毛、食べかす、花粉、バクテリア、たばこの煙などの総称です。目に見えない大きさ(10マイクロメートル=100分の1mm)以下のものがほとんどで、空気中に浮遊しています。ホコリに含まれている様々な物質は、アレルギーの原因にもなっています。

ホコリが成長する?!

ホコリは静電気に吸い寄せられるという特徴があります。壁や天井の隅にホコリがこびりついているのは静電気によるもの。床に落ちたばかりのホコリ、壁にくっついたばかりのホコリは掃除機やホウキ・モップで簡単に拭き取れます。しかし、そのホコリに水分や油分などがつくと、べたついた”汚れ”になり、さらにそれらを放置しておくと、なかなか落ちない頑固な汚れ(シミ)になることも。つまり、ホコリが頑固な汚れに成長する前にお掃除をすればいいのです!

とはいえ、毎日壁まで掃除するのは大変!EM活性液を100倍に薄めたスプレーを毎日、壁やカーテン、部屋中に噴霧しておくことで、EMの非イオン化効果(※)により、壁やカーテンに静電気が起きにくくなり、ホコリもつきにくくなります、頑固な汚れにあくせくする前に、EMシュッシュで、汚れへの成長をSTOP!

ホコリ汚れ

油汚れ

【普段のお手入れ】

EM活性液50~100倍希釈液をスプレーし、汚れを浮かせてサッと拭き取ります。その後、もう一度軽くスプレーしておきます。

【がんこな油汚れには】

てぃっすペーパーやキッチンペーパーなどを利用して、EM活性液を薄めずそのままスプレーし、汚れの部分をびしょびしょに濡らした状態で1時間以上置きます。その後ハブラシなどでこすりながら汚れをふき取ります。取り外して漬け置きができる部分はEM活性液とお湯を1:1の割合で混ぜた中に漬け置きします。

こげつき

鍋の焦げは、食品が空気中の酸素と結合した酸化物なので、酸性の汚れになります。EM活性液とお湯を1:1くらいの割合で鍋の中に居れると、焦げの匂いはすぐに収まります。そのままフタをして1日以上放置し、鍋と焦げの結びつきが弱まったところでゴムベラなどで軽く削ると、簡単にとることができます。

水あか

水あかの正体は主に炭酸カルシウムです。水道水に含まれるCaイオンが空気に触れて化学反応を起こし、水に溶けない物質に変わったもの。キッチンにいつもEM活性液の100倍希釈液を作って置いておき、真紅を使った後にシューッとスプレーする習慣をつけると、水あかがつかなくなります。こびりついてしまった水あかは、EM活性液でぬらした後、しばらく時間をおいてからこすると、きれいに落ちます。

続けるほど楽になる!EMおそうじ

EMおそうじを続けると、汚れやほこりがだんだんつきにくくなり、嫌なにおいが再発することも少なくなってきます。また、EMはどんなところにも使うことができるので、「この汚れもEMで何とかならないか?」と、オリジナルの使い方を考えることが楽しくなってきます。EMは環境を浄化する力もあり、使えば使うほど地球もキレイに!

手あれバイバイ!子供も一緒に楽しくおそうじ

EMおそうじ最大の特徴は、掃除用具がシンプルになること。EM活性液とせっけんがあれば、ほとんどの汚れに対応できます。強力な薬品や化学物質を使わなくてもいいので、マスクやゴーグル、手袋なども必要ありません。肌荒れの心配もないし、子供と一緒でも安心してお掃除が楽しめます。

Follow me!