EMの特徴

EMは何からできているの?複合共生の微生物群 EM.

よく「EM菌」という人がいますが、実は単体の菌ではありません。
EMとは複数の有用な微生物を共生された有用微生物群です。名前はEffective(有用な)Microorganisms((微生物たち)の英文の頭文字に由来しています。その名の通り、良い働きをしてくれる微生物たちが共存することでよりパワーを高め、農業や園芸、暮らしの中の衣食住、健康づくりにも効果を発揮してくれるのです。そこで今回はEMをかたちづくる微生物たちをご紹介しましょう。

【光合成細菌】 有害物質を分解して、養分に変えちゃうぞ!

[プロフィール]

もともとは田んぼなど、水がたまっているところに住んでいて、酸素がなくても平気。べん毛で活発に泳ぎ回り、土の中にも潜れちゃいます。「いいお米が育つ田んぼは、裸足で入ると泥がぬるっと感じる」と農家の人が言うのは、肥沃なところにボクらがいっぱいいるからです。

[特技とセールスポイント]

光 のパワーを受けると、どぶ臭いニオイの原因でもある有害な硫化水素や有機酸をどんどん食べて分解し、仲間を増やします。だから汚水処理設備でも大活躍。し かもボクらの体の中はアミノ酸やビタミンがたっぷりだから、お米や野菜づくりに使ってもらうと、作物の味や色がよくなり、収穫量もアップ。家畜も元気にし ちゃいますよ。EMの中では、リーダー的な存在です。

【乳酸菌】 「善玉菌」で、おなじみの人気者。

[プロフィール]

ボクらは人間の腸内にいるし、他の動物の体内や植物など、自然界のい たるところにもたくさん仲間が住んでいます。ご存知のように、ヨーグルトやチーズ、納豆、漬物などの、いわゆる「発酵食品」を作る時にも、ボクらが大活 躍。酵母さんたちと協力しあって発酵を進めていることも多いんですよ。

[特技とセールスポイント]

ボ クらは乳糖やブドウ糖など、甘いものを食べて乳酸などの有機酸を作りだします。これらの酸は強烈なパワーがあって、ものを腐らせたり食中毒のもとになる悪 い菌も撃退!これぞボクらが「善玉菌」と呼ばれるゆえん。最近は土に還る「生分解性プラスチック」などにも隠れた実力を発揮してるんです。 EM液を酸性に保つのも、ボクらの働きが大きいです。

【酵母】 パンやお酒ができるのは、私のおかげ。

[プロフィール]

英語では「イースト」という名前が付いている通り、パンづくりはもちろん、お酒、ワイン、ビール、みそ、しょうゆなどを作る時の「発酵」には私たちが不可欠。自然界では葉っぱや果物の表面、樹液がたまっている所のほか、淡水や海の中にもいるんですよ。

[特技とセールスポイント]

ぶ どう果汁の糖分や、お米の糖分など、私たちは甘いものが大好物。これらを食べてアルコールと炭酸ガスに分解してあげることで、ワインや日本酒ができるんで すよ。ほかにもいろんな有機酸やアミノ酸などの栄養分、いい香りのもとになるエステルという成分を作ってあげるのも、私たちの役目です。EM液にういてい る白いものは、空気が好きな私たちの場合が多いですよ。

ボクらが集結したEMは、いいことづくめ!

発酵のパワーで、みんないきいき!

たとえば、ものを腐らせることなく保存できて、おいしく食べられるのは、「発酵」の おかげ。今回紹介した3つの仲間たちは一緒になることで互いが排出した ものを交換しあい、それ ぞれが住みやすい環境を整え、どんどん増えて元気になり、すばらしい発酵の力を一層高めることができるのです。

大切な「酵素」が生まれる!

発酵の過程では微生物が「酵素」という物質を生み出します。これは発酵食品にとって、うま みや香りをもたらすもの。また、人間の体を建物に例えると、設計図はDNA、建材は栄養素、そして工具にあたるものが酵素といえます。つまり、優秀な微生 物の集合体であるEMは、私たちのとって大事な酵素を生み出す力を持っているわけです。